ニュースキン genLOC LumiSpa(ジェンロック ルミスパ)

ライフジェンテクノロジーにより開発された遺伝子およびarNOXに作用するジェンロックのガルバニックボディスパがターゲットソリューションにある。バイオフォトニックスキャナーS3は体内カロテノイドを検出する。エグゼクティブとなったディストリビューターは、コンプライアンス(景品表示法、特定商取引法(特商法)、医薬品医療機器等法(旧・薬事法)、健康増進法、食品衛生法、所管:消費者庁・厚生労働省・経済産業省)を遵守し、美容、健康、ダイエットをサポートする。サプリメントとスキンケア製品を扱う。消費者が製品に不満な場合は返品により返金される。売上高は増収(日本では19年前のピーク時の半分以下4割にまで減収)、2016年のコンベンションは延期。ageLOC YOUTHは、米国製品(日本製品は成分が異なる)にはエビデンスがあり、DSHEAヘルスクレームの表示に対応している。日本で機能性表示食品に対応していない。新製品genLOC Youth ジェンロックユーススパン、genLOC ルミスパ LumiSpa

タグ:genlocMe

l_am1535_7optune[1]
資生堂は7月1日、使うたびに利用者の肌に合った配合の化粧品を提供するサービス「Optune」(オプチューン)を本格展開すると発表した。スマートフォンで測定した肌の状態などのデータを分析し、8万通りの組み合わせから利用者のコンディションに合った配合を選択。IoTマシンから必要な美容液を抽出する仕組み。月額1万円(税別)のサブスクリプションサービスとして提供する。
利用者の元には美容液などを充填した5つのカートリッジとIoTマシンが届く。使用するときは、まず専用スマホアプリ「Optune App」(iOS)で肌を撮影し、水分量やキメ、皮脂量など肌のコンディションを測定。測定データは、ユーザーがアプリに入力した生理周期や気分といった情報、温度や花粉などの環境データなどと合わせてクラウドサーバに送られる。サーバ上で独自のアルゴリズムがデータを分析して美容液の配合を決め、IoTマシンに送信すると、カートリッジから必要な種類・量の美容液が抽出されるようになっている。
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1907/01/news117.html

資生堂「Optune」(オプチューン)

genLOC Meが6月23日(木)に正式発売される前に、ヤフーオークションへ相次いで出品されている。
genLOC Me
ディストリビューター価格64,800円に対して、オークションの出品価格は2割ほど安い4万円台のスタートになっている。割安感はあるものの、いずれも入札がない。
genlocme1
中古で半値以下の出品もあるが、残念ながら落札されていない。
交換カートリッジが¥19,440(税込)もするので、敬遠されているのかもしれない。

このページのトップヘ