ニュースキン ageLOC YOUTHSPAN R(ユーススパンR)

ageLOCブレンド中のトランス型レスベラトロールの増量を、緻密な配合設計で実現。トランス型レスベラトロールをはじめ、EPA ・DHAなど世界の健康長寿食と言われている原材料をベースに選び抜いた12の成分からなるageLOCブレンド。その良質な原材料の総合力を、さらなるパワーバランスへと進化させました。

タグ:売上げ

ニュースキン エンタープライゼズは2月10日、2020年の業績を発表した。
コロナウイルスの感染拡大により、一部では品切れを起こすなど好調な製品が下支えした。

ニュースキンジャパンの売上推移
(百万円)Q1Q2Q3Q4通期
2013年 9,702 9,609 8,987 10,963 39,261
2014年 8,370 7,884 8,163 9,014 33,431
2015年 7,545 7,759 7,776 8,904 31,983
2016年 7,496 7,854 7,423 7,517 30,288
2017年 6,939 7,199 6,937 7,631 28,719
2018年 6,843 6,999 7,097 7,211 25,494
2019年 6,846 7,168 7,211 7,120 26,004
2020年6,1306,8297,0967,31327,368

日本では第4四半期が11.7%増収、2020年通期では5.2%の増収。世界全体では、6.6%増収となった。
中国では第1四半期から第3四半期が減収したものの、第4四半期は増収した。ことにアメリカでは第4四半期が48.6%と大幅に増収し、通期でも36.7%増収した。

アメリカではセールスリーダーが89.8%増加、日本では6.8%増加の6,318人となった。
nuskin2020q3

20200319nus
nuskinchart


sales

ニュースキン エンタープライゼズは、2019年の通期業績を発表した。
ただし公式発表のデータは、2018年と2019年が全く同じ数値で、2019年は4半期それぞれの合計と一致しない。重要な業績データをチェックせずにそのまま載せている。
上場企業としてはあるまじきミスである。
nuskin2019

日本での売上げは、前年同期比プラス0.7%とほぼ変わらずだった。
(百万円)Q1Q2Q3Q4通期
2013年 9,702 9,609 8,987 10,963 39,261
2014年 8,370 7,884 8,163 9,014 33,431
2015年 7,545 7,759 7,776 8,904 31,983
2016年 7,496 7,854 7,423 7,517 30,288
2017年 6,939 7,199 6,937 7,631 28,719
2018年 6,843 6,999 7,097 7,211 28,149
2019年 6,846 7,168 7,211 7,120 28,345

ニュースキン全体では前年同期比でマイナス9.7%で減収。前年の2ケタ減より減収幅は小さくなった。
米中貿易摩擦の影響で、中国での減収幅が大きいのが原因。さらにコロナウィルスの影響で2020年の売上が縮小する見込みから、これを受けて株価が、直近2018年のピークから7分の1にまで、大きく下落した。
20200319nus

カスタマーは前年同期比で-3.6%、セールスリーダーは前年同期と変わらず5,916人(前々年同期は6,182人)。

※公式発表のデータが信頼できないため、以下は過去の記事をそのまま掲載する。

2018年度はLumiSpaを投入するもセールスリーダーの減少で売り上げにつながらず、
五期連続減収となった。依然としてセールスリーダが減少しているものの、収益は微増になったことから、ひとりあたり購入単価が上がったことがわかる。単価の高い商品が一巡した後は、反動の下落が予想される。

日本でのセールスリーダー減少は、のちの売上に大きく響いてくる可能性がある。
nsj

ニュースキンエンタープライズの2017年業績が、2月15日(日本時間16日早朝)に発表された。
日本の状況は、2017年に期待の新製品genLOC Youth spanがふるわず減収となったが、通期で5.2%の減収と4期連続減収になった。新製品 genLOC Me は、「ニュースキン史上最高の戦略商材」と言われたがき期待に反して売上げは減少した。ドル建てでは、8.2%と減収幅が大きい。円ベースでも、ここ20年来で最低の水準で、2017年通期では300億円を割り込み四期連続減収、ピークの851億円から1/3の水準にまで落ちこんだ。

2018年発売のgenLOC LumiSpaに期待がかかるが、今までの新製品はどれも増収に寄与していない。「今度の新製品はスゴイ!」と毎回言われるが、過去を検証すると一つも当てはまらないことがわかる。
(百万円)Q1Q2Q3Q4通期
2013年 9,702 9,609 8,987 10,963 39,261
2014年 8,370 7,884 8,163 9,014 33,431
2015年 7,545 7,759 7,776 8,904 31,983
2016年 7,496 7,854 7,423 7,517 30,288
2017年 6,939 7,199 6,937 7,631 28,719
ニュースキン売上げ


logo_v_bビットコイン、世界とつながる。
bitflyers[1]
bitFlyer のビットコイン

ニュースキンエンタープライゼズは、2015年度の業績を2月11日に発表した。
同時にニュースキンジャパン(法人番号:6011101016060)の2015年度売り上げも確定し、減収となった。

ニュースキンジャパンの2015年通期は-4.4%の減収だった。

2014年は消費税増税の反動があったが、2015年は外部の経済的要因が特にないにもかかわらず、昨年よりさらに減収している。

(百万円)Q1Q2Q3Q4年商
2013年 9,702 9,609 8,987 10,963 39,261
2014年 8,370 7,884 8,163 9,014 33,431
2015年 7,545 7,759 7,776 8,904 31,983
nsj[1]
※ グラフの転載に制限はありません。

ドル建てでは2014年の3億1530万ドルから、2015年は2億6420万ドルへマイナス16.2%大幅に減収。地域別でみると、かつて日本は世界の半分以上を占めていた時期があったものの、2015年は11.8%と過去最低になっている。

日本の人口の半分以下の韓国にさえ売上げで越されている。その韓国でも、ピークは2014年の第3四半期で、失速を迎えている。

ニュースキン全体でもマイナス12.6%と2ケタ減収している。本当に良いものなら、先進国でこそ評価が高まり、売り上げが伸びるというもの。

去年のウェイトマネジメントTR90のように単価の高い商品が不発に終わり、今年はgenLOC Meが発売される。期待の呼び声は高いが、消費者からみれば機器の初期費用が64,800円と高額なのに加え、無料サンプルがないので導入のハードルが高い。さらに交換カートリッジが2万円近くとリピート性が心細い。正式発売する2016年は、鳴り物入りの前評判がどうなるのか注目される。

※これらの数値は、ニュースキンエンタープライジズの公表値による。

2015年度ディストリビューターの報酬について
ニュースキン 2016年第2四半期の業績を発表 New!
ニュースキンは継続した権利収入になりうるか

ニュースキンエンタープライズから第1四半期(Q1・2014年1-3月期)の売上げが発表された。
全世界での売上げは、前年同期比で+24.0%と堅調だ。しかし直前の2013年第4四半期より-36.4%と、減収になっている。中国で禁止されているマルチ商法が問題になったのが、大きな原因だ。
nse2014q1
日本では、前年同期比-13.7%と2ケタの減収(現地通貨)だ。ドル建てでは-22.2%と散々な減収ぶりだ。

ここ数年は駆け込み的に第4四半期(10-12月)に、ディストリビューター限定の先行販売であおって数字を挙げているが、その反動で翌年の期首(1-3月)は数字が落ち込む。帳尻合わせにもなっていないのが現実だ。

これに乗せられたディストリビューター、特にピンレベルの高い人ほど「今度の新製品はすごい」と先行発売をあおるのだが、結果は数字に出ている。ちっともスゴクない。

去年までの売上げ推移を見ると、スゴイ新製品が出るたびに売上げを落としているのがよく分かる。

2014年は2ケタ減収、過去19年間で最低の売上げ
2011年 376.23億円 -9.67%
2012年 390.73億円 +3.85%
2013年 392.61億円 +0.48%
2014年 334.31億円 -14.8%

ニュースキンジャパン、2014年の売上げ15%減収334億円
事実と異なる説明は、違法行為です!

このページのトップヘ