ニュースキン genLOC LumiSpa(ジェンロック ルミスパ)

ライフジェンテクノロジーにより開発された遺伝子およびarNOXに作用するジェンロックのガルバニックボディスパがターゲットソリューションにある。バイオフォトニックスキャナーS3は体内カロテノイドを検出する。エグゼクティブとなったディストリビューターは、コンプライアンス(景品表示法、特定商取引法(特商法)、医薬品医療機器等法(旧・薬事法)、健康増進法、食品衛生法、所管:消費者庁・厚生労働省・経済産業省)を遵守し、美容、健康、ダイエットをサポートする。サプリメントとスキンケア製品を扱う。消費者が製品に不満な場合は返品により返金される。売上高は増収(日本では19年前のピーク時の半分以下4割にまで減収)、2016年のコンベンションは延期。ageLOC YOUTHは、米国製品(日本製品は成分が異なる)にはエビデンスがあり、DSHEAヘルスクレームの表示に対応している。日本で機能性表示食品に対応していない。新製品genLOC Youth ジェンロックユーススパン、genLOC ルミスパ LumiSpa

タグ:ビジネス

団塊世代が年金受給開始年齢を迎え、少子高齢化が進行します。ここ数年、医療費は毎年1兆円ずつ増大しており、今後さらに医療費増加のペースが加速することがわかっています。

予防・健康管理サービス産業は、生活習慣病関連にかかる医療費を、公的保険外のサービスを活用した予防・健康管理にシフトさせること(セルフメディケーションの推進)により、
・国民の健康増進
・医療費の削減
・新産業の創出

を同時に実現します。
(経済産業省の次世代ヘルスケア産業協議会)

健康管理はあくまでも自己管理が原則であり、先進国のようにサプリメントを活用するするために、機能性表示食品の制度が日本でもスタートします。アメリカでは20年前からこの制度が始まり、市場は4倍にもなりました。
(消費者庁の食品機能性表示制度)

規制緩和で健康食品にビジネスチャンス

すなわち、健康維持は本人のためであり家族の安心、ひいては国家財政の健全化にもつながるので、政府も積極的に推進しようと制度を整えているわけです。
ニュースキンのビジネスは、まさにこれから成長するヘルスケア産業です。ヘルスケア産業は、市場が拡大するとともに、制度的な後押しがビジネスの強力な後ろ盾となります。

2020年に市場規模10兆円・雇用130万人を創出
(現状:4兆円・51万人)経産省資料より

あなたもぜひ、日本で必要とされる新しい産業に、ぜひご参加下さい。

お問合せ先:biophotonicscanner@outlook.jp

ニュースキンエンタープライズから第1四半期(Q1・2014年1-3月期)の売上げが発表された。
全世界での売上げは、前年同期比で+24.0%と堅調だ。しかし直前の2013年第4四半期より-36.4%と、減収になっている。中国で禁止されているマルチ商法が問題になったのが、大きな原因だ。
nse2014q1
日本では、前年同期比-13.7%と2ケタの減収(現地通貨)だ。ドル建てでは-22.2%と散々な減収ぶりだ。

ここ数年は駆け込み的に第4四半期(10-12月)に、ディストリビューター限定の先行販売であおって数字を挙げているが、その反動で翌年の期首(1-3月)は数字が落ち込む。帳尻合わせにもなっていないのが現実だ。

これに乗せられたディストリビューター、特にピンレベルの高い人ほど「今度の新製品はすごい」と先行発売をあおるのだが、結果は数字に出ている。ちっともスゴクない。

去年までの売上げ推移を見ると、スゴイ新製品が出るたびに売上げを落としているのがよく分かる。

2014年は2ケタ減収、過去19年間で最低の売上げ
2011年 376.23億円 -9.67%
2012年 390.73億円 +3.85%
2013年 392.61億円 +0.48%
2014年 334.31億円 -14.8%

ニュースキンジャパン、2014年の売上げ15%減収334億円
事実と異なる説明は、違法行為です!

このページのトップヘ