ニュースキン genLOC LumiSpa(ジェンロック ルミスパ)

ライフジェンテクノロジーにより開発された遺伝子およびarNOXに作用するジェンロックのガルバニックボディスパがターゲットソリューションにある。バイオフォトニックスキャナーS3は体内カロテノイドを検出する。エグゼクティブとなったディストリビューターは、コンプライアンス(景品表示法、特定商取引法(特商法)、医薬品医療機器等法(旧・薬事法)、健康増進法、食品衛生法、所管:消費者庁・厚生労働省・経済産業省)を遵守し、美容、健康、ダイエットをサポートする。サプリメントとスキンケア製品を扱う。消費者が製品に不満な場合は返品により返金される。売上高は増収(日本では19年前のピーク時の半分以下4割にまで減収)、2016年のコンベンションは延期。ageLOC YOUTHは、米国製品(日本製品は成分が異なる)にはエビデンスがあり、DSHEAヘルスクレームの表示に対応している。日本で機能性表示食品に対応していない。新製品genLOC Youth ジェンロックユーススパン、genLOC ルミスパ LumiSpa

タグ:アンチエイジング

ニュースキンエンタープライズの2016年業績が、2月16日に発表された。

直前の2016年の業績は、世界全体では1.8%減収(前年同期比)した。日本市場は期待の大型新製品genLOC Meが正式発売となったにもかかわらず、第4四半期で15.5%と大幅な減収、2016年通期でも5.1%減収した。
(百万円)Q1Q2Q3Q4年商
2013年 9,702 9,609 8,987 10,963 39,261
2014年 8,370 7,884 8,163 9,014 33,431
2015年 7,545 7,759 7,776 8,904 31,983
2016年 7,496 7,854 7,423 7,517 30,288
nsj
あれほど新製品genLOC Meが大きな触れ込みで登場し、大幅な売上増が期待されたものの、逆に減収となったことは、ショックが大きい。2016年は3期連続減収で、過去21年間の最低となる。

genLOC Meに続いて11月に発売された新製品genLOC YOUTH SPANも、画期的な新製品なのに勢いがない。次々と発売される新製品が、どれ一つとして売り上げ回復に貢献しない結果となった。

今まで毎年EDINETで公表されていた有価証券報告書が、2015年から公開されなくなった。上場企業は、情報公開に積極的であるべきだが、減収続きが影響しているのだろうか。本来なら2016年に開催されるジャパンコンベンションも延期が決定している。

ニュースキンの世界売上げに見る日本のシェアは、先細るばかりである。
markets share
2015年の国別割合(2016年12月の投資家向け説明資料より)

ニュースキンの企業が契約を締結
NOX技術を取得するために

ユタ州プロボ - 2012年11月14日
 ニュースキンエンタープライズ社(NYSE:NUS)は1250万ドルで、ペンシルバニア州マルバーン市に拠点を置くバイオテクノロジーやバイオ診断の企業であるノックス・テクノロジーズ社を買収する契約を締結したことを発表しました。契約はすでにニュースキンのアンチエイジング研究活動に関連して利用以前のライセンス技術を含む技術と特許の取得が含まれています。

 チーフサイエンティフィックオフィサーのジョー・チャン博士は「NOX・テクノロジーズの買収は、科学技術革新への当社の継続的なコミットメントを示し、老化の原因をターゲットにする追加のツールを提供してくれ」、さらに「この買収により、健康と美容のために科学的に検証され、アンチエイジングソリューションの当社の長期的なパイプラインを強化すると信じています」と話しました。

 NOX Technologiesは、老化プロセスをより深く理解した上でニュースキンの科学者を提供し、老化の重要な供給源を理解する会社の能力をサポートしています。arNOX、NOXの技術によって同定年齢関連タンパク質は、細胞表面上に見出され、スーパーオキシド発生、老化プロセスの関連する態様可能となっている。

NOx・テクノロジーズの最高経営責任者(CEO)トーマス・B・シェルトンによると、「この合併は、当社arNOX技術のニュースキンの研究者の作業の多くの年の集大成です。arNOX周りの基礎科学のNOX Technologiesの翻訳はニュースキンの成功アンチエイジング研究開発に組み込むことは、この独自な技術のための道を開いた。

買収は、NOx・テクノロジーズ Incの株主による取引の承認を含む慣例的な完了条件に従うもの。2012年末閉会前に、実行すると予想されています。

ノックス・テクノロジーズ社について
 2003年に設立され、NOX・テクノロジーズ社(http://www.noxtechnology.com/)は、バイオテクノロジーやbiodiagnostic会社が同定、特性評価および老化に関連する細胞表面タンパク質の検出に焦点を当てています。 研究開発努力によって、NOX Technologiesは、加齢に関連するECTO-NOXタンパク質(arNOX)と相互作用する薬剤を同定した。

潜在的に肌のダメージや老化の兆候を改善arNOXの特異的阻害剤のNOX Technologiesの発見は、皮膚の若々しい外観を改善するのに有用である具体的なスキンケア製品のニュースキンの開発につながった。

http://www.nuskin.com/corpcom/en_US/newsroom/press_releases1/2012/nu-skin-enterprises-enters-into-agreement--to-acquire-nox-techno.html

このページのトップヘ