ニュースキン genLOC LumiSpa(ジェンロック ルミスパ)

ライフジェンテクノロジーにより開発された遺伝子およびarNOXに作用するジェンロックのガルバニックボディスパがターゲットソリューションにある。バイオフォトニックスキャナーS3は体内カロテノイドを検出する。エグゼクティブとなったディストリビューターは、コンプライアンス(景品表示法、特定商取引法(特商法)、医薬品医療機器等法(旧・薬事法)、健康増進法、食品衛生法、所管:消費者庁・厚生労働省・経済産業省)を遵守し、美容、健康、ダイエットをサポートする。サプリメントとスキンケア製品を扱う。消費者が製品に不満な場合は返品により返金される。売上高は増収(日本では19年前のピーク時の半分以下4割にまで減収)、2016年のコンベンションは延期。ageLOC YOUTHは、米国製品(日本製品は成分が異なる)にはエビデンスがあり、DSHEAヘルスクレームの表示に対応している。日本で機能性表示食品に対応していない。新製品genLOC Youth ジェンロックユーススパン、genLOC ルミスパ LumiSpa

カテゴリ: ビジネス

国際的腐敗行為防止事件の展開 2016年9月の10大ニュース
Tokyo Litigation Client Alert 東京訴訟部
2016年10月28日

ユタ州に本拠を置く化粧品・栄養製品会社、中国におけるFCPA違反容疑について和解 2016年9月20日、SECは、Nu Skin Enterprises, Inc.の中国子会社が、継続中の地方省の捜査に影響を与えることを目的として、中国共産党幹部の協力を得るために慈善事業に15万ドルの寄付をした際、Nu Skin Enterprises, Inc.がFCPAの会計規定に違反したとの容疑について和解に至ったと発表した。SECの命令によれば、地方工商行政管理局は直接販売管理法違反で子会社を摘発し、罰金を科すと表明していたものの、公的なセレモニーで寄付の発表がなされた直後にその決意を撤回した。SECはまた、この子会社が発行会社である親会社に対し、党幹部の子供のために、影響力の大きい米国人に大学の推薦状を書いてもらうよう説得することを勧めたとしている。同社は、この容疑を解決するため、罪状認否のないまま、合計約766,000ドルの罰金を支払うことに同意した。今回のFCPA事件の和解措置は慈善事業への寄付のみに関連するものとしては、2度目のものである。[最初のケースでは、]2004年に、製薬会社Schering-Ploughが、そのポーランド子会社が城郭復元基金(理事は政府の薬剤購入に影響を及ぼし得た公衆衛生担当の官僚であった)に76,000ドルの寄付をしたという容疑について和解に至っている。

原文
Utah-Based Cosmetics and Nutritional Product Company Resolves China FCPA Allegations. On September 20, 2016, SEC announced that it had resolved allegations that Nu Skin Enterprises, Inc. violated the FCPA’s accounting provisions when its Chinese subsidiary made a $150,000 donation to a charity to obtain the influence of a high-ranking Chinese Communist Party official to impact an on-going provincial agency investigation. According to the SEC order, a provincial Administration of Industry and Commerce backed off of its stated intention to charge and fine the subsidiary for violations of the Direct Selling Laws shortly after a public ceremony announcing the donation. SEC also alleged that the subsidiary encouraged the parent issuer to convince an influential U.S. person to write college recommendation letters for the party official’s child. Without admitting or denying the charges, the company agreed to pay a total penalty of approximately $766,000 to resolve the charges. This resolution marks only the second time that an FCPA resolution has related solely to charitable giving. In 2004, pharmaceutical company Schering-Plough resolved allegations that its Polish subsidiary had made a $76,000 donation to a castle restoration foundation whose director was a public health official who could influence governmental pharmaceutical purchases.

モリソン・フォースターについて
モリソン・フォースターは優れた実績を誇る世界的な法律事務所です。クライアントには大手金融機関、投資銀行、Fortune 100 企業、テクノロジー・ライフサイエンス関連企業等が名を連ねています。American Lawyer 誌のA-List に過去13 年間連続で選ばれただけでなく、Fortune 誌が「働きたい全米トップ100 企業」として当事務所を挙げています。モリソン・フォースターの弁護士はクライアントのために最良の結果を出すことに全力を注ぐ一方で、より強固な事務所となるべく各弁護士の個性を失わないよう配慮しています。詳しくは、当事務所のウェブサイト(www.mofo.com)をご覧ください。

ニュースキンエンタープライズの2016年業績が、2月16日に発表された。

直前の2016年の業績は、世界全体では1.8%減収(前年同期比)した。日本市場は期待の大型新製品genLOC Meが正式発売となったにもかかわらず、第4四半期で15.5%と大幅な減収、2016年通期でも5.1%減収した。
(百万円)Q1Q2Q3Q4年商
2013年 9,702 9,609 8,987 10,963 39,261
2014年 8,370 7,884 8,163 9,014 33,431
2015年 7,545 7,759 7,776 8,904 31,983
2016年 7,496 7,854 7,423 7,517 30,288
nsj
あれほど新製品genLOC Meが大きな触れ込みで登場し、大幅な売上増が期待されたものの、逆に減収となったことは、ショックが大きい。2016年は3期連続減収で、過去21年間の最低となる。

genLOC Meに続いて11月に発売された新製品genLOC YOUTH SPANも、画期的な新製品なのに勢いがない。次々と発売される新製品が、どれ一つとして売り上げ回復に貢献しない結果となった。

今まで毎年EDINETで公表されていた有価証券報告書が、2015年から公開されなくなった。上場企業は、情報公開に積極的であるべきだが、減収続きが影響しているのだろうか。本来なら2016年に開催されるジャパンコンベンションも延期が決定している。

ニュースキンの世界売上げに見る日本のシェアは、先細るばかりである。
markets share
2015年の国別割合(2016年12月の投資家向け説明資料より)

ニュースキンエンタープライゼズは、2015年度の業績を2月11日に発表した。
同時にニュースキンジャパン(法人番号:6011101016060)の2015年度売り上げも確定し、減収となった。

ニュースキンジャパンの2015年通期は-4.4%の減収だった。

2014年は消費税増税の反動があったが、2015年は外部の経済的要因が特にないにもかかわらず、昨年よりさらに減収している。

(百万円)Q1Q2Q3Q4年商
2013年 9,702 9,609 8,987 10,963 39,261
2014年 8,370 7,884 8,163 9,014 33,431
2015年 7,545 7,759 7,776 8,904 31,983
nsj[1]
※ グラフの転載に制限はありません。

ドル建てでは2014年の3億1530万ドルから、2015年は2億6420万ドルへマイナス16.2%大幅に減収。地域別でみると、かつて日本は世界の半分以上を占めていた時期があったものの、2015年は11.8%と過去最低になっている。

日本の人口の半分以下の韓国にさえ売上げで越されている。その韓国でも、ピークは2014年の第3四半期で、失速を迎えている。

ニュースキン全体でもマイナス12.6%と2ケタ減収している。本当に良いものなら、先進国でこそ評価が高まり、売り上げが伸びるというもの。

去年のウェイトマネジメントTR90のように単価の高い商品が不発に終わり、今年はgenLOC Meが発売される。期待の呼び声は高いが、消費者からみれば機器の初期費用が64,800円と高額なのに加え、無料サンプルがないので導入のハードルが高い。さらに交換カートリッジが2万円近くとリピート性が心細い。正式発売する2016年は、鳴り物入りの前評判がどうなるのか注目される。

※これらの数値は、ニュースキンエンタープライジズの公表値による。

2015年度ディストリビューターの報酬について
ニュースキン 2016年第2四半期の業績を発表 New!
ニュースキンは継続した権利収入になりうるか

ニュースキン・エンタープライジズ・インクは、ニューヨーク証券取引所に上場されている。

日本では1993年4月に、米国法人ニュースキン・ジャパン・インク(Nu Skin Japan Inc.)が日本支社を通じて事業を開始した。1995年8月に日本支社を閉鎖して以来、日本では子会社であるニュースキンジャパン株式会社を通じて営業・運営されている。

日本市場の株式コードに相当する Tickers は、「nus」で表示される。
株価は、 2016年1月15日の終値で31.84ドル
ヤフーファイナンス
Bloomberg
nus_s
過去2年間の株価を見ると、中国本土で売り上げを拡大した2013年から急激に株価が伸びたものの、2014年に大幅な急落をした。これは、中国で禁止されているピラミッド販売(日本では連鎖販売)が問題視され、規制当局から警告と調査を受けたためである。

中国本土での当社の事業に関するネガティブな報道および規制当局による調査ならびにそれに伴う当社株価の下落に関連して、1件の集団訴訟および株主代表訴訟を提起されている。(2014年 有価証券報告書)

その後、株価は軟調に推移し、過去4年間で最低の水準になっている。

このページのトップヘ