ニュースキン・エンタープライジズ・インクは2014年の業績を公表した。
これによると日本の売上げは334億3100万円で前年同期比マイナス14.8%で2ケタ減収、売上げピークの1998年以降最低の売上げとなった。

2013年末にダイエットプログラムTR90が先行発売され、2014年に入ってからの正式発売後は不調だった。また、12月に8年ぶりで東京ドームのコンベンションを大々的に開催したが、韓国との共同開催でなんとか人数の盛り上がりを演出したものの、肝心の売上げは日本でふるわず過去19年で最低となった。

支払報酬は売り上げに応じた比率が一定なので、ディストリビューター全体が受け取るボーナスも、同じ程度に減少している。
ドル建てではマイナス22.7%、すなわち米本社から見たら大変な落ち込みようである。
ニュースキンジャパン売上げ
昨年1月は、中国での問題を受けて世界全体の売上げも不調で、業績発表ののち株価は一時20%以上も急落した。
Yahoo! finance
20140807nus
日本の業績(2014年1-6月期)について、投資家向けに公式のコメントがある。
日本の現地通貨建て売上高は、2014年第2四半期は前年同期比で18%減少した。日本における売上高の減少は、米ドルに対する日本円の値下がり(同市場における当社の売上高に、前年同期比でさらに4%のマイナスの影響を与えた。)によって増大した。2014年第2四半期中、日本の直接販売をとりまく厳しい環境に関する困難を反映して、日本のセールス・リーダーの数は前年同期比で13%、アクティブの数は10%減少した。昨年の間に、当社はディストリビューターの登録手続を変更しており、日本での販促活動において引き続き慎重な姿勢をとっている。当社は今後も、現在続行しているディストリビューターの教育、トレーニングおよび法令順守の取組みに関して規制機関との面談を続けていく。
『E05831:ニュースキン・エンタープライジズ・インク S100320B:半期報告書』より

これらの情報は、NY証券取引所に上場しているニュースキン・エンタープライジズ・インク(NUS)が正確な情報として開示しているものである。

ニュースキンジャパン2015年度の売上発表