ニュースキン genLOC LumiSpa(ジェンロック ルミスパ)

ライフジェンテクノロジーにより開発された遺伝子およびarNOXに作用するジェンロックのガルバニックボディスパがターゲットソリューションにある。バイオフォトニックスキャナーS3は体内カロテノイドを検出する。エグゼクティブとなったディストリビューターは、コンプライアンス(景品表示法、特定商取引法(特商法)、医薬品医療機器等法(旧・薬事法)、健康増進法、食品衛生法、所管:消費者庁・厚生労働省・経済産業省)を遵守し、美容、健康、ダイエットをサポートする。サプリメントとスキンケア製品を扱う。消費者が製品に不満な場合は返品により返金される。売上高は増収(日本では19年前のピーク時の半分以下4割にまで減収)、2016年のコンベンションは延期。ageLOC YOUTHは、米国製品(日本製品は成分が異なる)にはエビデンスがあり、DSHEAヘルスクレームの表示に対応している。日本で機能性表示食品に対応していない。新製品genLOC Youth ジェンロックユーススパン、genLOC ルミスパ LumiSpa

2020/03

バイオフォトニックスキャナーの特許は、本日で特許権存続期間が完了した。

特許権の存続期間は、特許出願の日から20年をもって終了する
特許法第67条第1項

米国では日本と同様、特許権は原則として出願から20年有効だから、2000年3月22日に出願し権利化された特許は、2020年に特許権存続期間が完了する。
pat3786873
生物組織中のカロテノイドと関連する化学物質との非侵襲的測定方法および装置
特許権者:ユタ大学研究財団
特許第3786873号(米国 PCT/US2000/007745)
(発明の概要)
本発明は、共鳴ラマン分光法を用いて、皮膚等の組織内のカロテノイドおよび類似物質のレベルを定量的に測定するものである。この方法では、単色レーザー光を関心のある組織領域に当てる。組織からの散乱光はレイリー散乱光の主要部を含む。この散乱光は入射レーザー光と同じ周波数である。散乱光の一部は入射レーザー光とは異なる周波数で非弾性的に散乱する。これがラマン信号である。レイリー散乱光およびラマン散乱光を典型的には波長選択フィルタリングにより分離し、得られたラマン信号を高感度光検出システムを用いて測定する。得られたラマン信号をデータ定量化システムにより分析することができる。このデータ定量化システムは、背景蛍光信号を除去し、その結果を表示し、かつ既知の校正標準と比較する。

【重要】NU SKIN JAPAN LIVE 2020 開催中止のお知らせ
2020.3.10

この度、4月に開催を予定されていた「NU SKIN JAPAN LIVE 2020」につきまして、新型コロナウイルス感染の影響を考慮し、皆様の安全およびさらなる感染拡大の防止のため、開催中止を決定いたしました。

スタッフ一同、開催に向けて準備を進めてまいりましたが、感染拡大に収束の兆しが見えない中、ニュー スキンは、皆様と皆様のご家族の健康と安全を最優先に考え、イベントの開催を中止することが最良の選択であり、世の中の「Force for Good」となることにつながる判断であるという結論に達しました。イベント開催を楽しみにされていた皆様には残念なお知らせになりますが、何卒、ご理解くださいますようお願い申し上げます。
16fefa1b8d2
2020年4月、ニュー スキン ジャパン最大級のイベントが、横浜アリーナで開催されます。
エンターテインメント性の高い、感動的な一大イベントにご期待ください。

16fefa1b8d2
2020年4月28日(火)~29日(水・祝)
横浜アリーナ (神奈川県横浜市港北区新横浜)
詳細はこちら

【新型コロナウイルス感染症対策への対応について】  3月10日現在
ニュー スキン ジャパンでは、日本政府より発表された「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を受け、以下の措置をとることを決定いたしました。何卒、ご理解くださるようお願い申し上げます。

■4月NU SKIN JAPAN LIVE 2020の開催中止
■3月ニュー スキン ネクスト セミナー(対象者限定)の開催中止
■エクスペリエンス センターでのVISIAカウンセリングの一時中止
■エクスペリエンス センターでのメイク用アイテムの貸し出し一時中止
■大阪エクスペリエンス センターでのプロから教わるマンツーマン メイク レッスン一時中止

今後の状況によっては、営業時間の変更および休業を決断する可能性もございます。最新の状況につきましては、随時お知らせしてまいります。

ブランド メンバーの皆様へ
ブランド メンバーの皆様が主催するニュー スキンに関するセミナー等についても、大勢の参加が見込まれる場合は開催および参加を控えてくださるようお願いします。

ニュースキンエンタープライゼスは、2月に発表した4半期業績を修正した。

このブログで間違いを指摘したが、一か月以上も放置したままだった。少なくともツイートアカウント @nuskin @RyanNapierski は、この問題を知りうるはずだが修正されなかった。別の者が「上場企業の深刻な間違い」と、アメリカの証券取引委員会のアカウントあてにツイートした直後に、あわててPDFファイルの修正を差し替えた。
なお、修正したとのアナウンスはどこにもなく、こっそり差し替えたようだ。
nuskin20200309update
PDFファイルのプロパティは業績発表の2月12日ではなく、3月9日になっている。
SECのアカウント @SEC_Enforcement @SEC_Investor_Ed へツイートされた直後だ。
本来なら「発表値を修正した」と公表する必要があるはずだが、そのような記述はどこにもない。
nuskin20200309
作成者に Charles Allen と会計事務所の名称が入っている。

このページのトップヘ