ニュースキン genLOC LumiSpa(ジェンロック ルミスパ)

ライフジェンテクノロジーにより開発された遺伝子およびarNOXに作用するジェンロックのガルバニックボディスパがターゲットソリューションにある。バイオフォトニックスキャナーS3は体内カロテノイドを検出する。エグゼクティブとなったディストリビューターは、コンプライアンス(景品表示法、特定商取引法(特商法)、医薬品医療機器等法(旧・薬事法)、健康増進法、食品衛生法、所管:消費者庁・厚生労働省・経済産業省)を遵守し、美容、健康、ダイエットをサポートする。サプリメントとスキンケア製品を扱う。消費者が製品に不満な場合は返品により返金される。売上高は増収(日本では19年前のピーク時の半分以下4割にまで減収)、2016年のコンベンションは延期。ageLOC YOUTHは、米国製品(日本製品は成分が異なる)にはエビデンスがあり、DSHEAヘルスクレームの表示に対応している。日本で機能性表示食品に対応していない。新製品genLOC Youth ジェンロックユーススパン、genLOC ルミスパ LumiSpa

2014年01月

意外に思うかもしれませんが、TR90セットは「やせる」とか「ダイエット」と一言も書いてありません。
tr901
tr904
tr902
tr903
「プログラムの達成」、「モチベーションを高める」、「筋肉をサポート」とか「理想のボディを目指す」のであって、実現するなんて約束はしていません。
さらに体重計をセットに同梱しただけであって、体重が減るなんて言葉はまったく見当たりません。
56a38205f10ee1258eb0ff1296a4b2d73[1]
これを見た人が勝手に「体重が減る」と思わせるイメージ商法です。
56a38205f10ee1258eb0ff1296a4b2d72[1]
タニタ体組成計  BC-751相当品
体脂肪率、内臓脂肪レベル、筋肉量、基礎代謝量、体内年齢、BMI(Body Mass Index:ボディ・マス・インデックス)が測定できる。
2[1]
0088

【参考記事】
・検索キーワードで「TR90 返品」が増えている
・ニュースキンのTR90(ガンマ)の返品条件が多すぎる

このブログのアクセス解析を見たら、検索キーワードで「TR90 返品」が増えている。
TR90 返品
なるほど先行販売から3カ月を過ぎて、いよいよ結果が出始めたころだ。
「TR90 返品」「TR90 返金」で検索するくらいだから、結果は思わしくなかったのだろう。

100%満足保障がセールストークだったから、気軽に購入してみたものの、いざ返品となるとたくさんの条件がつく。購入時に、これらの条件を了承しているはずなので、実際には条件を満たせず、結果は満足できないにも関わらず、12万6千円のサプリメントが山のように手元に残るハメになった人がいるのだろう。

残念としか言いようがない。
「購入条件を読まずにサインを求められた」などの理由であれば、販売した側に責任がある。
トラブルを抱えている人は、コメント欄へどうぞ。

【関連記事】ニュースキンのTR90(ガンマ)の返品条件が多すぎる

中国当局、マルチ商法の疑いで米ニュースキンを調査へ
2014年01月17日
[北京 16日 ロイター]
ニュースキン株価急落
中国の規制当局は、米スキンケアメーカーのニュースキン・エンタープライズ(NUS.N)の商慣習がマルチ商法(連鎖販売取引)であるとの報道が出たことを受け、同社の調査を開始した。

新華社の報道によると、ニュースキンはパンフレットで製品の効用と信頼性を誇張しており販売員を洗脳しているマルチ商法であると、中国共産党機関紙の人民日報が報じたという。これを受けて、国家工商行政管理局(SAIC)が地方自治体に調査を指示したもようだ。SAICの広報担当者は、報道内容が事実だと判明した場合は法的措置を取ると述べたという。


ニュースキンは声明で「報道を受けて中国当局が調査を始めたことは認識している」と明らかにし、中国事業に関して独自に見直しを行うという。調査結果により中国での売り上げが減少する可能性があるとも述べたが、現時点の業績見通しがどの程度影響を受けるかを発表するのは時期尚早だと説明した。


香港と台湾を含めたグレーターチャイナ(大中華圏)における同社の売上高は、2013年7-9月期に4億6460万ドルと3倍以上に増加。この地域における売上高は全体の約半分を占めている。


ニュースキンの株価は16日、時価総額にして3分の1急落。連想売りから健康食品販売の米ハーバライフは10%、ユサナ・ヘルス・サイエンスは12%下落した。
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYEA0G00620140117

このページのトップヘ