ニュースキン genLOC LumiSpa(ジェンロック ルミスパ)

ライフジェンテクノロジーにより開発された遺伝子およびarNOXに作用するジェンロックのガルバニックボディスパがターゲットソリューションにある。バイオフォトニックスキャナーS3は体内カロテノイドを検出する。エグゼクティブとなったディストリビューターは、コンプライアンス(景品表示法、特定商取引法(特商法)、医薬品医療機器等法(旧・薬事法)、健康増進法、食品衛生法、所管:消費者庁・厚生労働省・経済産業省)を遵守し、美容、健康、ダイエットをサポートする。サプリメントとスキンケア製品を扱う。消費者が製品に不満な場合は返品により返金される。売上高は増収(日本では19年前のピーク時の半分以下4割にまで減収)、2016年のコンベンションは延期。ageLOC YOUTHは、米国製品(日本製品は成分が異なる)にはエビデンスがあり、DSHEAヘルスクレームの表示に対応している。日本で機能性表示食品に対応していない。新製品genLOC Youth ジェンロックユーススパン、genLOC ルミスパ LumiSpa

genLOC LumiSpa(ジェンロック ルミスパ)
美肌ストレッチ【マイクロ パルス オシレーション テクノロジー】とは
マイクロ パルスとは、トリートメント ヘッドの独特な回転により生じる肌への細かい振動のこと。オシレーションとは、2つに分かれたトリートメント ヘッドがそれぞれ逆方向に回転する動きを指します。この独特な肌表面での動きが、肌の構造に深く関わっていることが判明。ルミスパに採用しました。
美肌ストレッチ【マイクロ パルス オシレーション テクノロジー】とは
マイクロ パルスとは、トリートメント ヘッドの独特な回転により生じる肌への細かい振動のこと。オシレーションとは、2つに分かれたトリートメント ヘッドがそれぞれ逆方向に回転する動きを指します。この独特な肌表面での動きが、肌の構造に深く関わっていることが判明。ルミスパに採用しました。

ニュースキンの新しい美顔器・genLOC LumiSpa(ジェンロック ルミスパ)
3月20日(火)正式発売!
genLOC LUMISPA
即効的および長続きするメリット:
滑らかさ、柔軟性、落ちの良さ、毛穴サイズ、質感、透明度、輝き、細い線の出現としわ、しわ
genLOC LUMISPA
「genLOCルミスパ」は、細胞レベルの研究に基づき、独自に考案した美肌ストレッチ(マイクロ パルス オシレーション テクノロジー採用)により、真珠のような光沢とハリにあふれた肌に導く美顔器。洗顔時間を有効活用しながら、同時に肌のトリートメントもできるデュアルアクションが特徴。肌にやさしい抗菌シリコンの「トリートメント ヘッド」は、2つに分かれ、それぞれが逆方向に回転する設計。
 使用方法は、顔全体を4つのゾーン(額・あご・両頬)に分けて、各ゾーンを30秒間、合計2分間かけて手入れを行う(30秒ごとに回転が止まる)。
 1日に2分間の使用で、肌がよりなめらかに、透明感が増す。これを2週間続けることによって、きめ細やかさやツヤを、さらに12週間で全体的に肌に好ましい変化が感じられるという。専用の「トリートメントクレンザー」は肌タイプ別に4種類(ノーマル・デリケート・しっとり・さっぱり)を揃えた。ヘッドも標準タイプとしっかりタイプの2種類。
 本体と専用クレンザーがセットになった「genLOCルミスパ スターター キット」の参考小売価格は、税込2万5531円。肌タイプに合わせて4種から選べる専用クレンザー「genLOCルミスパ トリートメント クレンザー」は同4277円。
genLOC LUMISPA

製品情報

参考商品:Panasonic 洗顔美容器 濃密泡エステ EH-SC65
ジェンロック ルミスパ
grj-proactiv_1[1]
plus_basic_s60[1]

2018/02/14 日本流通産業新聞
ニュースキンジャパン(本社東京都、小林和則社長)は7月、新報酬プラン「VELOCITY(ベロシティ)」を正式に導入する。このプランは昨年10月に米国・ソルトレークシティーで開催したイベント「Nu Skin LIVE!(ニュースキン ライブ)」で発表されたもので、世界で展開する国・地域で導入を進めている。日本でも導入に向けた準備を加速させており、1月に開催したイベント「Nu Vision Summit(ニュー・ビジョン・サミット)」で正式発表した。
 新報酬プランは、現在の社会情勢とマッチさせるべく大変革した。トップリーダーへの収入の還元率は維持しつつ、これまで以上に初期のビジネスメンバーや、愛用者作りが得意なビジネスメンバーへの還元を高めたプランになっている。SNSを利用したソーシャルセリングを推奨し、カスタマーを増やすことによる収入増も期待できるという。
 現行の「チームエリート」「ブルーダイヤモンドエグゼクティブ」といったタイトルなどの名称も全て変更になる。すでに1月からタイトル決定方法を新報酬プランに変更できるようにしたが、一度選択すると現行プランに戻すことはできない。18年4~6月に一定のタイトルを維持した場合には、タイトル決定方法については猶予期間が設けられている。7月1日に「ベロシティ」が正式導入され、新報酬プランに基づいた報酬の支払いが始まる。「ベロシティ」での報酬の支払いは、現行の毎月払いよりも多い頻度で支払いを行うため、多様なニーズに対応できるようになり、日払いや週払いも検討している。
 また来年以降には、愛用者向けのプログラムも充実させる。「ブルーリワード」と名付けた新プログラムは、製品購入に応じてポイントが付与され、「そのポイントを製品と交換したりサンプルをもらう、社会貢献活動に寄付するなどといった仕組み」(小林社長)。

<ビジネスビルダーに新ボーナス>
 「ベロシティ」は早期のビジネスビルダーに、より強化された報酬を支払うことができるプログラム。行動に見合った報酬を早いタイミングで支払うという意味も含まれているという。
<シェアリングボーナス>
 シェアリングボーナスは、製品の魅力を伝えた(シェアした)相手が、製品を購入することによって発生する収入。リテール(小売り)の利益に加えて支払われる。「初期のオポチュニティの強化」(同社)を目的としている。「シェアリング」という行動は、副収入を得るための非常に重要な役割を果たす。
<ビルディングボーナス>
 ビルディングボーナスのビルド(構築する)は、より早く、より頻繁に収入を獲得する仕組み。現在の報酬プランでは、初期のビジネスビルダーは、2000CSV、3000GSVという達成条件があるが、ビルディングボーナスでは、この山を小さなブロックに分ける。最初のブロックは、500ポイントのセールスボリュームで乗り越えやすくした。ブロックを月の早い時期に積み重ねていくことによって、月の途中でタイトルを昇格させることも可能。また、達成するブロック数によってボーナスの還元率が上がり、最大40%になる。
<リーディングボーナス>
 リーディングボーナスは、月単位で発生する収入で、リーダーのグループを作るということが狙い。第1段階は、自分自身がリーダーになる。第2段階では他の継続的なパワーリーダーを作る。第3段階は、仲間が強いリーダーを育成することをサポートする。
 これまでニュースキンでブレークアウェイボーナスと呼ばれていたものだが、今回、6段5%の支払いのタイトル条件を変更した。従来、G1(自分の第1レベル)に、何人のエグゼクティブを作っていくかによってタイトルが決まっていた。しかし今回、タイトルごとに必要だったG1リーダー(エグゼクティブ)数を緩和し、「リーダーシップチーム」数に応じて、多くの報酬を支払うようにした。
<ソーシャルセリングでカスタマー作り>
 SNSを積極的に活用したビジネス展開も視野に入れている。ソーシャルセリングによってカスタマー候補者につながり、製品の小売りによって新規カスタマーをつくるのが目的だ。ソーシャルセリングにおける製品は「品質の高い製品というのは当然だが、魅力的なデザインに仕上げることも重要だ。価格帯も2000~3000円だったら試してみたいと思うだろう」(小林社長)と話しており、ソーシャル限定製品を年内にも投入する予定だ。
 1月のイベントでは、SNS、主にインスタグラムを活用してファン作りに成功しているリーダーが登壇。ニュースキン製品ではなく自分のライフスタイルを前面に押し出した写真をアップすると、予想を上回る「いいね!」数になったという。
 グローバルで進める新施策によって、25年までにグローバルで300万人の製品愛用者、30万人のビジネスリーダー育成を目指している。
https://www.bci.co.jp/nichiryu/news/3303

ニュースキンエンタープライズの2017年業績が、2月15日(日本時間16日早朝)に発表された。
日本の状況は、2017年に期待の新製品genLOC Youth spanがふるわず減収となったが、通期で5.2%の減収と4期連続減収になった。新製品 genLOC Me は、「ニュースキン史上最高の戦略商材」と言われたがき期待に反して売上げは減少した。ドル建てでは、8.2%と減収幅が大きい。円ベースでも、ここ20年来で最低の水準で、2017年通期では300億円を割り込み四期連続減収、ピークの851億円から1/3の水準にまで落ちこんだ。

2018年発売のgenLOC LumiSpaに期待がかかるが、今までの新製品はどれも増収に寄与していない。「今度の新製品はスゴイ!」と毎回言われるが、過去を検証すると一つも当てはまらないことがわかる。
(百万円)Q1Q2Q3Q4通期
2013年 9,702 9,609 8,987 10,963 39,261
2014年 8,370 7,884 8,163 9,014 33,431
2015年 7,545 7,759 7,776 8,904 31,983
2016年 7,496 7,854 7,423 7,517 30,288
2017年 6,939 7,199 6,937 7,631 28,719
ニュースキン売上げ


logo_v_bビットコイン、世界とつながる。
bitflyers[1]
bitFlyer のビットコイン

国際的腐敗行為防止事件の展開 2016年9月の10大ニュース
Tokyo Litigation Client Alert 東京訴訟部
2016年10月28日

ユタ州に本拠を置く化粧品・栄養製品会社、中国におけるFCPA違反容疑について和解 2016年9月20日、SECは、Nu Skin Enterprises, Inc.の中国子会社が、継続中の地方省の捜査に影響を与えることを目的として、中国共産党幹部の協力を得るために慈善事業に15万ドルの寄付をした際、Nu Skin Enterprises, Inc.がFCPAの会計規定に違反したとの容疑について和解に至ったと発表した。SECの命令によれば、地方工商行政管理局は直接販売管理法違反で子会社を摘発し、罰金を科すと表明していたものの、公的なセレモニーで寄付の発表がなされた直後にその決意を撤回した。SECはまた、この子会社が発行会社である親会社に対し、党幹部の子供のために、影響力の大きい米国人に大学の推薦状を書いてもらうよう説得することを勧めたとしている。同社は、この容疑を解決するため、罪状認否のないまま、合計約766,000ドルの罰金を支払うことに同意した。今回のFCPA事件の和解措置は慈善事業への寄付のみに関連するものとしては、2度目のものである。[最初のケースでは、]2004年に、製薬会社Schering-Ploughが、そのポーランド子会社が城郭復元基金(理事は政府の薬剤購入に影響を及ぼし得た公衆衛生担当の官僚であった)に76,000ドルの寄付をしたという容疑について和解に至っている。

原文
Utah-Based Cosmetics and Nutritional Product Company Resolves China FCPA Allegations. On September 20, 2016, SEC announced that it had resolved allegations that Nu Skin Enterprises, Inc. violated the FCPA’s accounting provisions when its Chinese subsidiary made a $150,000 donation to a charity to obtain the influence of a high-ranking Chinese Communist Party official to impact an on-going provincial agency investigation. According to the SEC order, a provincial Administration of Industry and Commerce backed off of its stated intention to charge and fine the subsidiary for violations of the Direct Selling Laws shortly after a public ceremony announcing the donation. SEC also alleged that the subsidiary encouraged the parent issuer to convince an influential U.S. person to write college recommendation letters for the party official’s child. Without admitting or denying the charges, the company agreed to pay a total penalty of approximately $766,000 to resolve the charges. This resolution marks only the second time that an FCPA resolution has related solely to charitable giving. In 2004, pharmaceutical company Schering-Plough resolved allegations that its Polish subsidiary had made a $76,000 donation to a castle restoration foundation whose director was a public health official who could influence governmental pharmaceutical purchases.

モリソン・フォースターについて
モリソン・フォースターは優れた実績を誇る世界的な法律事務所です。クライアントには大手金融機関、投資銀行、Fortune 100 企業、テクノロジー・ライフサイエンス関連企業等が名を連ねています。American Lawyer 誌のA-List に過去13 年間連続で選ばれただけでなく、Fortune 誌が「働きたい全米トップ100 企業」として当事務所を挙げています。モリソン・フォースターの弁護士はクライアントのために最良の結果を出すことに全力を注ぐ一方で、より強固な事務所となるべく各弁護士の個性を失わないよう配慮しています。詳しくは、当事務所のウェブサイト(www.mofo.com)をご覧ください。

genLOC STAR コンベンション 2017

2017428日(金)~29日(土・祝)
ライフパック タブレットが2017年7月に発売
18160590_1067950669971126_4521776779370692608_n
日本中のニュー スキン ファミリーが集結する「genLOC STAR コンベンション」が、横浜アリーナで開催されました。
18251875_299419813820949_6169031809813184512_n
本コンベンションでは、genLOC STARたちの盛大な表彰式をはじめ、ビジネスに役立つ最新情報、ゲスト スピーカーによるワークショップなど、充実したプログラムが予定されております。
興奮と感動の2日間!!
18161240_408840222821269_6722998705990926336_n

genLOC STAR コンベンション 2017概要

【開催日程】2017年4月28日(金)~ 4月29日(土・祝)
【会場】横浜アリーナ (神奈川県横浜市港北区新横浜3-10)
【主なプログラム、スケジュール、チケット販売】
【表彰】皆様のディストリビューター活動の成果をたたえ、表彰させていただきます。18095372_1881571668791290_781496714283450368_n

ニュースキンエンタープライズの2016年業績が、2月16日に発表された。

直前の2016年の業績は、世界全体では1.8%減収(前年同期比)した。日本市場は期待の大型新製品genLOC Meが正式発売となったにもかかわらず、第4四半期で15.5%と大幅な減収、2016年通期でも5.1%減収した。
(百万円)Q1Q2Q3Q4年商
2013年 9,702 9,609 8,987 10,963 39,261
2014年 8,370 7,884 8,163 9,014 33,431
2015年 7,545 7,759 7,776 8,904 31,983
2016年 7,496 7,854 7,423 7,517 30,288
nsj
あれほど新製品genLOC Meが大きな触れ込みで登場し、大幅な売上増が期待されたものの、逆に減収となったことは、ショックが大きい。2016年は3期連続減収で、過去21年間の最低となる。

genLOC Meに続いて11月に発売された新製品genLOC YOUTH SPANも、画期的な新製品なのに勢いがない。次々と発売される新製品が、どれ一つとして売り上げ回復に貢献しない結果となった。

今まで毎年EDINETで公表されていた有価証券報告書が、2015年から公開されなくなった。上場企業は、情報公開に積極的であるべきだが、減収続きが影響しているのだろうか。本来なら2016年に開催されるジャパンコンベンションも延期が決定している。

ニュースキンの世界売上げに見る日本のシェアは、先細るばかりである。
markets share
2015年の国別割合(2016年12月の投資家向け説明資料より)

genLOCサプリメントの新しいアプローチは、マイクロバイオームです。
新製品 genLOC KAPPA(開発コード名)

マイクロバイオーム(Microbiome)
ちょっと聞き慣れない言葉ですが「人体にすむ微生物相」といった概念です。腸内細菌や腸内フロラ(腸内細菌相)といった言葉は聞いたことがあると思います。これを腸内に限らず,人体すべてに拡張した概念が「マイクロバイオーム」です。といっても,微生物数の多さでも研究の進み具合でも腸内細菌が一番でしょう。
日経サイエンスより

日経サイエンス2017年2月号では、腸内細菌の特集で『新時代を迎えた腸内常在菌研究・辨野義己(理化学研究所)』を取りあげている。

ヒトの腸内常在菌(腸内細菌)の構成は極めて個人差が大きい。腸内常在菌は消化管の構造や機能に影響し,栄養や生理機能,薬効,老化,発がん,免疫,感染などに大きな影響を及ぼす。さらに,肥満や脳内物質との関わりも注目さており,肥満のメカニズムの解明,機能性食品の開発,脳の発達や学習,記憶,行動など,多方面から研究が行われている。将来は,腸内常在菌の解析結果をもとにより詳細なデータベースを作り,個人の生活習慣や体調に合わせた健康維持や病気予防のプランを組み立てることが可能になるだろう。


微生物の健康
アプローチ
プレバイオティクス(カッパ)
健康的な微生物を養う
室温保存
グローバルな互換性
便利な用量
2018年に入手可能
nuskin_investeor2016f
屋内の生育工場
成長時間の短縮
改善された栄養素プロファイル
殺虫剤や除草剤はない
遺伝子組換をしないNon-GMO
環境効率が良い
nuskin_investeor2016g
参考:
腸内細菌の理想のバランスは「2:1:7」。健康維持は腸と毎日の食事から
私たちの腸には、多種多様な種類の細菌が住んでいて、その数はなんと100兆個以上と言われています。そんな腸内の細菌にもさまざまな種類があり、細菌同士がつくり出す腸内の生態系を、「腸内フローラ」と呼びます。その影響力はとても強く、身体の機能や病気、心のバランスまで、腸内細菌が健康の鍵を握っているようです。
http://www.nupalette.jp/archives/14
MICROBIOME TO MEDICINE

消費者庁は6月に、小顔矯正の広告をした株式会社スティードに対して、景品表示法違反を認定し是正するよう措置命令をした。これを受けて同社は表示に問題があったことを認め、適正化につとめることを公表した。
28
小顔になる効果を標ぼうする役務の提供事業者9名に対する景品表示法に基づく措置命令の対象は以下のとおり
磯部美容整体Vセンターこと磯部昭弘
・株式会社シンメトリー
・株式会社Steed
株式会社トゥモローズライフ
ナチュラルビューティラボ株式会社
Kouken美容整体こと西田佳司
MEDICAL BODY DESIGN株式会社
レミスティック東京こと安井基喜
関西プロポーション小顔センターこと吉信雅博
詳細

また消費者庁は11月に、株式会社IPSコスメティックス(本社:東京都目黒区)に対し、商品説明に問題があったと認定して3か月間の業務停止命令を行った。(詳細
ips1-300x225[1]
IPSコスメティックスは、「P.P.1エッセンス」等と称する化粧品、「ピュレットワン」等と称する健康食品及び「アニオンエア」と称する家電製品について、「健康食品及び家電製品を摂取又は使用することで、あたかも病気の治療若しくは予防又は症状の改善ができるかのように告げていた」とされている。
このように表示に問題があると、規制当局から法令違反を認定される。加工技術や素材の革新により、良い商品が出てくるのは消費者に喜ばしいが、どんなに良い商品であっても商品の説明に明確な根拠がないまま効能・効果を表示できない。

ニュースキンのgenLOC Meでは次のような表現をしていたが、自社比で前のものより良いとするのは問題なさそうだ。
・genLOC史上最先端の処方
・ニュー スキン史上最高の戦略商材
・新しいライフスタイルを提案できる革新的な製品

このページのトップヘ